さくらインターネット、ディープラーニングに適したサーバ「高火力シリーズ」を時間課金で提供

計算リソースとして、GPUサーバーのQuad GPU Maxwellモデルを時間課金で利用可能
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、大量の計算資源を安価に利用できる「高火力コンピューティング」の1つ「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」を、4月17日より時間課金で提供開始する、と同日発表した。高火力シリーズは、ディープラーニングに適した計算リソースとして、GPUサーバーのQuad GPU Maxwellモデルを1時間267円から時間課金で利用できる。

さくらの専用サーバ 高火力シリーズは、機械学習に取り組む学生や研究者、学術・研究機関、スタートアップ、企業などさまざまな形態や規模を問わず、GPUサーバーを用いた計算用途に適したサービスとなる。時間課金の開始は、ディープラーニングなど、多様な挑戦への門戸を広く開き、後押しするものとなる。さくらインターネットは、今後も「高火力コンピューティング」の取り組みを通じて顧客企業のイノベーションを支援していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]