サイバーエージェント、テレビCMと同様の役割を担うスマホ動画広告「ターゲットスクリーンCM」提供開始

ブランド認知とリーチ獲得の役割を、スマートフォンのアプリ内広告でも実現可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/3/9 7:00

インターネット広告のサイバーエージェントは、スマートフォンアプリ広告において、ブランド認知とアプリインストール獲得を両立する、スマートフォン向け動画広告配信ソリューション「ターゲットスクリーンCM」の提供を開始した、と3月6日発表した。テレビCMと同様の「幅広いブランド認知」「リーチ獲得」の役割を、スマートフォンのアプリ内広告でも実現可能にしたサービスとなる。

スマートフォンのアプリ内広告においては、YouTube TrueView広告(YouTube内に配信するインストリーム型動画広告)などを中心とした動画広告を配信する。テスト時の配信実績では、「テレビCM」と「ターゲットスクリーンCM」で配信地域(県単位)を分け、想定リーチ数を同規模に揃えた状況で広告配信したところ、アプリインストールの獲得効率比較でテレビCMと同等以上の成果を出した。テレビCM配信時よりも多くのアプリインストールを獲得した事例もあるという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]