アクセス解析「RTmetrics」バージョン10リリース、レポート高速化・API連携拡張で多彩なデータ結合を実現

レポート処理を高速化したほか、データレイクソリューションとのAPI連携を拡張
よろしければこちらもご覧ください

ビッグデータ分析コンサルティングのアントゥイットは、アクセス解析ツール「RTmetrics」の最新バージョンV10版を12月8日提供開始した。

データレイクソリューション「essentia」とのAPI連携を拡張

RTmetricsは、パケットキャプチャ方式によるリアルタイム性の高い解析が特徴のアクセス解析ツール。最新バージョンでは、パフォーマンス改善によってレポートの集計処理速度を従来比で平均3倍~5倍に改善したほか、データレイク(蓄積・管理)ソリューション「essentia」とのAPI連携機能の拡張によって多彩なデータとの連携を可能にした。

また、Advanced Analytic Moduleの進化によって、サイトを訪問した全ユーザーのクリック情報を詳細ログとして蓄積。取得した過去データをさまざまなユーザーセグメントごとにレポート。事前の設定なく、パス解析やROI解析も動的に分析できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]