サイバーエージェント、VRコンテンツやイベント体験を開発運営する子会社「VR Agent」設立

グループが培った知見を生かし、VRコンテンツの受託開発と関連サービスを開発・運営
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、VR(バーチャルリアリティ)関連事業を行う連結子会社として「VR Agent(ブイアールエージェント)」を12月1日に設立した、と同日発表した。VR Agentは、サイバーエージェントグループが培った知見を生かし、リアルイベント体験やアミューズメントコンテンツを中心としたVRコンテンツの受託開発とVR関連サービスの開発・運営を行っていく。

サイバーエージェントグループでは、スマートフォン向けVRモード搭載のアプリ「オルタナティブガールズ」など、VR技術を活用したコンテンツ制作を行ってきた。VR Agentは、VR技術を活用し、将来的な市場拡大が期待できるVR領域において、VRコンテンツ制作のサポートとVRを活用したユーザー体験の提供を目指していくという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]