クラウド動画制作の「Crevo」、インタビューや商品解説の実写映像制作サービスを提供

実写撮影が必要となる動画を制作したい顧客の要望に応え、サービスを提供を開始
よろしければこちらもご覧ください

クラウド動画制作プラットフォームを運営するCrevoは、9月5日に実写映像制作サービスの提供を開始する、と同日発表した。制作サービスの提供に伴い、マルチスペースの運営・プロデュース事業を手がけるYuinchuと事業提携を締結することになった。アニメーション表現だけでなく、インタビューや商品解説の実写撮影が必要となる動画を制作したいという顧客の要望が増えたことに応えるため、クラウドソーシングによる実写映像制作サービスを提供することにした。

実写映像制作サービスは、用途や条件をあらかじめ制限することで、シンプルな一律料金パッケージプランを実現。「エントリープラン」「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」「オーダーメイドプラン」の4種類があり、エントリープランは制作費が35万円、動画はインタビュー動画、撮影ロケーション数は1ヵ所。スタンダードプランは制作費59万円、動画はサービス紹介動画、撮影ロケーション数は最大2ヵ所となっている。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]