日本オラクル、数クリックで分析可能なビジュアルアナリティクス「Oracle Data Visualization Cloud Service」提供開始

あらゆる部門のユーザーがセルフサービスで、簡単に数クリックで、さまざまなデータを分析できる
よろしければこちらもご覧ください

日本オラクルは12月21日、企業が保有するデータを分析してビジュアル化するクラウドサービス「Oracle Data Visualization Cloud Service」を日本国内で提供開始した。

Oracle Data Visualization Cloud Serviceは、システム部門に限らず、現場のマーケッターなど、あらゆる部門のユーザーがセルフサービスで、簡単に数クリックで、業務システム内のデータや個人ファイル、ビッグデータなどを取り入れて分析可能にする。ユーザー企業は、オラクルのSaaSをはじめとする、さまざまなSaaSアプリケーション、Excelファイルなど、多彩なソースからのデータを組み合わせて分析できる。

分析のイメージ

利用料金は、1ユーザーあたり月額1万8,000円(税別)で、最小5ユーザーから。サービス開始にあわせて、実際にデータをアップロードして分析を体験できる30日間の無料体験キャンペーンを開催する。

Oracle Data Visualization Cloud Service
https://cloud.oracle.com/ja_JP/data_visualization

無償トライアルの申込方法
https://faq.oracle.co.jp/app/answers/detail/a_id/2812

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]