クレジットカード決済が導入できるオンライン決済サービス「PAY.JP」開始、手数料のみ

ネットショップ開設のBASE、既存ウェブやネットショップに加えられる開発者用サービス
よろしければこちらもご覧ください

ウェブサービス開発・運営のBASEは、同社が展開するネットショップ無料開設サービス「BASE(ベイス)」で、クレジットカード決済機能が容易に導入できるオンライン決済サービス「PAY.JP(ペイドットジェーピー)」を9月7日に正式に始めた、と同日発表した。既存のウェブサービスやネットショップにクレジットカード決済を加えられる開発者向けサービスとなり、個人も利用できる。初期費用、月額費用とも無料。決済手数料を負担する。2016年5月末までのキャンペーンでは決済手数料も無料にする。

PAY.JPは、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)か開発言語ごとのライブラリを利用することで、クレジットカード決済機能が導入できる。クレジットカード業界のセキュリティ基準のPCI DSSに準拠する。BASEはクレジットカードや入金管理付き銀行振り込みなど各種の決済手段が使用可能なネットショップ開設サービスだが、PAY.JPは、より独自性の高いショッピングシステムやウェブサービスで課金の仕組みを提供したい場合に利用する決済代行サービスとなる。手数料は3.0~3.6%。

BASE(会社)
https://thebase.in/

BASE(サービス)
http://thebase.in/

PAY.JP
https://pay.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]