ブレインパッドとマクロミルが新サービス開発とリサーチデータ活用の研究を共同推進

プライベートDMPとリサーチデータ、システムを連携、年末をめどに新サービスを開始

データ分析・ソリューション事業のブレインパッドは、インターネットリサーチのマクロミルとともに、新サービス開発とリサーチデータを活用する研究を共同で進めることで合意した、と8月27日発表した。ブレインパッドが提供するレコメンドエンジン搭載のプライベートDMP(データマネジメントプラットフォーム)「Rtoaster(アールトースター)」と、マクロミルが保有するリサーチデータ、システムを連携させる。より精度の高いマーケティング行動を可能にするような新サービスを開発し、年末をめどに開始する予定にしている。

Rtoasterは、サイト内のユーザー行動、CRM(顧客関係管理)データなどを利用したプライベートDMP機能とレコメンドエンジンをベースにしたマーケティング・ソリューションで、ユーザーの好みに合わせたレコメンドやパーソナライズを横断的に実現する。マクロミルは、モニターのウェブ上の行動履歴データとリサーチを組み合わせた広告効果測定やサイト訪問者のリサーチ・分析「AccessMill(アクセスミル)」を展開。Rtoasterとの連携によってレコメンデーションの最適化やセグメント作成、サイト改善に活用できるようになる。

ブレインパッド
http://www.brainpad.co.jp/

マクロミル
http://www.macromill.com/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]