ITで変わるBtoC農業の現場、セミナー「受注・請求・発送業務をITで洗練して栽培に専念」4/30開催

事務処理に追われることなく栽培に注力するには? 農家で検証されたIT化の成果を発表

農業の「受注・請求・発送」に関わるIT化にどのように取り組むべきか、調査・開発・検証する「opnlab農業後方支援プロジェクト」の成果発表会がオープンセミナー形式で4月30日に東京で開催される。ビジネスイベント企画のオプンラボ主催。

農家が事務処理に追われることなく、栽培に注力するためにITはどのように活用できるのか。本セミナーでは、久松農園の久松達央氏がプロジェクトリーダーとなりスタートした「opnlab農業後方支援プロジェクト」の成果として、「サンバファーム」「三つ豆ファーム」という2軒のBtoC農家で実施された、業務改善ツールの開発および活用の成果を発表する。

今回のプロジェクトでは、業務改善ツールとして中小企業向けクラウドサービス「Zoho」を選択。顧客台帳に入力すると、収穫する野菜の数の合計が自動計算され、請求書や納品書を自動発行するアプリケーションを試験的に開発した。実際にプロジェクトにかかわった農家では業務改善が進み、栽培や販促の企画に集中できるなどの成果がでているという。

これらの成果について、サンバファーム、三つ豆ファーム、ゾーホージャパン、久松農園の4者が講演する。

農業とIT「受注・請求・発送業務をITで洗練して栽培に専念
  • 日時:4月30日(木)18:30-21:00
  • 会場:高田馬場ラーニングセンター(東京都新宿区西早稲田2-18-12)
  • 定員:50名
  • 参加費:一般8,000円、opnlab登録メンバー(農家以外の方)6,000円、opnlab登録メンバー(農家)3,000円(1名追加1,000円)
  • 詳細・申し込み:http://www.opnlab.com/events/nogyoit2
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]