イー・ガーディアン、Eコマース事業者向けに「模倣品画像検知システム」を提供開始

判定を数値で評価し、間違っていれば自動学習する作業を繰り返して判別能力を向上
岩佐 義人(Web担 編集部) 2015/1/30 12:49

サイトコミュニティサポート事業のイー・ガーディアンは、同社の人工知能型画像認識システム「ROKA SOLUTION」の対応分野を増やし、Eコマース事業者向けに「模倣品画像検知システム」を開発し、サービスの提供を開始した、と1月27日発表した。模倣品画像検知システムは、画像・動画データを目視で分類したものをコアエンジンが学習し、その後に実際の対象画像や動画をシステムが判定し、正しく判定できるかどうかを数値で評価して、間違っていれば自動学習する作業を繰り返して判別能力を向上していく。

模倣品画像検知システムは、過去に不正利用があった画像と完全一致した画像だけでなく、元画像を加工した画像も発見することができる。検知率は児童ポルノの場合で99.5%となっている。類似した画像順にピックアップできるため、似たような手口にも自動で対応。人力で見つけた模倣品画像を学習することでシステムの精度が上がっていく。自動判定なので、1枚あたり0.3秒のスピードで判定結果を出すことができる。

イー・ガーディアン
http://www.e-guardian.co.jp/

ROKA SOLUTION
http://www.e-guardian.co.jp/blog/000127.html

用語集
Eコマース / コアエンジン / 不正 / 人工知能 / 加工 / 模倣品 / 画像 / 目視 / 自動判定 / 自動学習 / 認識
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SaaS
クラウドを介して提供されるソフトウェアサービスのこと。 従来一般的だったパ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]