警察庁、2014年上半期のネットバンキング不正送金状況で1254件・被害額は約18億5200万円

被害は地銀・信金・信組に拡大、法人名義口座が増加、不正送金先名義人は中国人が約7割
よろしければこちらもご覧ください

警察庁は、2014年上半期のインターネットバンキングに関する不正送金の発生状況を9月4日発表した。1254件起き、被害額は約18億5200万円(1件あたり約148万円)だった。2013年下半期は1098件・約11億9300万円(同約109万円)、同年上半期は217件・約2億1300万円(同約98万円)で、急増している。被害が都市銀行から地方銀行、信用金庫、信用組合に拡大するとともに、法人名義口座の被害が増えた。不正送金先の口座名義人は中国人が69.5%を占める。

2014年上半期は73の金融機関が被害に遭った。都市銀行などが約13億3300万円、地方銀行などが約5億1900万円。都市銀行などは個人口座が約11億7100万円、法人口座が約1億6200万円、地方銀行などはそれぞれ約1億900万円、約4億1000万円となった。2013年下半期の地方銀行などは約1億1500万円で、うち法人口座は約4000万円だった。地方銀行などの法人口座の被害は10倍に増加した。2014年上半期は69事件で133人を摘発。62.4%にあたる83人は中国人。

警察庁
http://www.npa.go.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]