サイバーエージェント、スマートフォンサービス開発向けに2種のオープンソースを公開

ブラウザアプリ開発ツール「beez」と「Android Debug Bridge」のnode.jsクライアント

インターネット広告のサイバーエージェントは、スマートフォンサービス開発向けに2種のオープンソースを公開した、と1月24日発表した。ブラウザアプリ開発を効率化する開発ツールキット「beez」と、「Android」端末のデバッグを実現するツール「Android Debug Bridge」のnode.jsクライアント「adbkit」となる。beezは、スマートフォン向けのブラウザアプリ開発のためのフレームワークやライブラリをまとめ、APIの形で提供する。

beezは開発に必要なツールをキットとして提供。初期段階から公開までの作業を総合的にサポートし、迅速な開発を可能にする。同社が運営するウェブサービス「アメーバピグ」をモチーフにしたブラウザ向けゲーム「なぞってピグキッチン」などに採用し、開発スピードが上がったという。同社は今後もbeezを使って開発する。adbkitは、ライブラリや端末上で動くユーティリティに利用でき、同社もAndroid端末用アプリで利用している。

サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

beez
https://github.com/CyberAgent/beez/

adbkit
https://github.com/CyberAgent/adbkit/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

GTA
(1)グラウンデッド・セオリー・アプローチ(Grounded Theory Ap ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]