博報堂DY、ソーシャルメディア分析ツール「Topic Finder」で「バージョン2.0」を提供

要望が多かった「CM・番組の波及効果分析」と「『Twitter』詳細分析」を新たに搭載
よろしければこちらもご覧ください

博報堂、大広、読売広告などを傘下に持つ博報堂DYホールディングスのグループ横断組織「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」は、広告主企業向けにASPで展開するソーシャルメディア分析ツール「TopicFinder for Advertiser(トピックファインダー・フォー・アドバタイザー)=TFA」で、新機能を加えた「バージョン2.0」の提供を始める、と2月28日発表した。要望が多かった「CM・番組の波及効果分析」と「『Twitter』詳細分析」を新たに搭載した。

CM・番組の波及効果は、ブランド名やキーワードがソーシャルメディア上でどのように発言されているかについて、関連するCM出稿やテレビ番組の露出状況とひも付けて調べられ、クチコミの量の変化を連動させて時系列で比べることで、反響・波及効果が分かる。Twitterに関しては、全体のツイート数に加え、リツイート数やフォロワー数、ハッシュタグごとの発言量などが時系列で分析可能。フォロワー数によるユーザーの絞り込みや、番組放送中のツイート集計・分析もできる。

博報堂DYホールディングス
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]