JPRS、ICANNが実施した新しいgTLDの募集受け付けに研究・開発用の「.jprs」を申請

2012年中に審査が始まれば2013年半ばに創設、運用で得られる知識をフィードバック
よろしければこちらもご覧ください

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)運用の日本レジストリサービス(JPRS)は、ドメイン名やIPアドレスの割り当てを行う世界的な組織、ICANN(アイキャン)が1~5月に実施した新しいgTLD(特定の国・地域に縛られない分野別トップレベルドメイン)の募集受け付けに、「.jprs」を申請した、と6月14日発表した。インターネットに関する研究や開発を主目的に、自律的な研究ができる環境を提供し、運用によって得られる知識を役立てる。

ICANNの審査を通過した後、契約などの手続きが必要で、審査が2012年中に始まれば、2013年の半ばには「.jprs」が創設される。JPRSは、「.jprs」の運用を通して研究成果を「.jp」の開発にフィードバックするとともに、ドメイン名の認知向上、利用方法の啓発などの情報発信に活用する計画。gTLDは2000年と2003年に創設されたが、数に上限があるうえ、条件が厳しかった。今回は要件を満たせば原則的に創設が認められることから、申請した。

日本レジストリサービス
http://jprs.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]