富士通ビー・エス・シー、スマートデバイス向けコンテンツ変換ソリューション「WebUnity-Plus」発売

導入により、既存サイトを修正することなくPC向けWebサイトがスマートデバイスに対応
よろしければこちらもご覧ください

システムインテグレーションの富士通ビー・エス・シーは、PC向けWebサイトをスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイス用に最適化し、自動変換するソリューション「WebUnity-Plus」を5月に発売する、と4月26日発表した。導入により、既存のサイトを修正することなくPC向けWebサイトがスマートデバイスに対応するようになる。

WebUnity-Plusは接続した端末の種類を識別し、PC向けの既存コンテンツを端末ごとに最適化した画面で提供する。外付け型のゲートウェイ方式のため、既存システムの特別な修正は不要。HTML5を利用した画面変換により、iPhone、iPad、Android、Androidタブレット、WindowsPhoneに対応する。また、スマートフォンやタブレットの機種ごとに画面サイズやタッチインターフェースに適した画面デザインを提供する。

富士通ビー・エス・シー
http://www.bsc.fujitsu.com/

WebUnity-Plus
http://www.bsc.fujitsu.com/services/webunity-plus/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

SLA
サービスをどの程度の品質で提供するのかを定めた契約のこと。 主にASPやS ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]