電通関西支社、BtoB企業サイトの効果改善プログラム「電通 BtoB-Web Auditor」開発

独自評価基準で購買層の評価や重視するポイントを踏まえて診断、改訂サービスも実施
よろしければこちらもご覧ください

電通の関西支社は、企業間取引(BtoBビジネス)を展開する企業のウェブサイトの営業支援効果を改善するプログラム「電通 BtoB-Web Auditor」を開発した、と4月26日発表した。独自の評価基準を使い、購買層の評価や重視するポイントを踏まえて診断する。BtoBで顧客がサイトで情報を入手して購買を検討するケースが一般化し、ブランディングや営業面での企業サイトの役割が大きくなっていることに対応した。

プログラムでは、製品ページ、検索ページ、サイト全体のあるべき姿を設定し、56項目についてチェック・分析を行い、効果的なサイトにするための課題を抽出する。課題に基づいてサイトを改訂して最適化するサービスも展開する。今回始めるのは日本語でのサービスだが、今後中国語や英語の実施も検討していく。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

バイラル
話題や概念がウイルス(virus)のように広まっていく様子を表現する言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]