アイレップ SEM総合研究所、2011年検索エンジンマーケティング業界10大ニュースを発表

SEM業界で最重要となるニュースをSEM総合研究所の所長、渡辺氏が中心となって選定
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティングのアイレップは、同社のSEM総合研究所が選定した「2011年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界10大ニュース」を12月26日に発表した。

10大ニュースの選定は、日本のSEOの第一人者であるアイレップ取締役CSO SEM総合研究所 所長 渡辺隆広氏を中心に行い、デジタルマーケティング領域専門企業アイレップならではの視点で、特に影響度の高いものを選定した。

2011年の最大のニュースは、米Google検索の「パンダ・アップデート」。米Googleがコンテンツ品質評価を改善し、検索結果の関連性を高める取り組みを強化するという趣旨を発表したニュースが選ばれた。この取り組みの1つとして、コンテンツ品質の評価に関するランキングアルゴリズム、通称「パンダ・アップデート」と呼ばれる新しいランキングアルゴリズムが欧米で大きな注目を浴びており、日本ではまだ公式に適用はされていないが、2012年にも発表されるのではないか、と予想されているという。

2011年のSEM業界10大ニュースは次のとおり。

  1. パンダ・アップデート
  2. 米Yahoo!、Bingへの移行を順調に進める
  3. ヤフーの「スポンサードサーチ Ver.3」 プラットフォーム移行完了
  4. 米Google 検索サービスにSSL接続導入 検索キーワード解析に影響
  5. Google+ リリース
  6. Adobe Systems、Efficient Frontier買収
  7. MicrosoftとGoogleがネット上で対立
  8. Google、スパムリンク取り締まり大幅強化
  9. キュレーション系サービス、各社次々にリリース
  10. デジタルマーケティングは統合管理の時代へ

10大ニュース
http://www.irep.co.jp/sem10/

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]