NECビッグローブ、「BIGLOBEクラウドホスティング」で、運用支援機能を強化

設定条件に基づいて自動的にサーバーを追加・削除する機能を導入、APIも公開
よろしければこちらもご覧ください

インターネットサービスのNECビッグローブは、クラウドサービス「BIGLOBEクラウドホスティング」で、運用支援機能を強化して10月25日に提供開始する、と10月24日発表した。事前に設定した条件に基づいて自動的にサーバーを追加・削除する機能を導入するほか、APIを公開し、外部プログラムからの運用の自動化やシステム連携を可能にする。機能を限定した低価格メニューも追加した。

自動的にサーバーを追加・削除する機能は「オートスケール」と呼び、オプションに加えた。APIはβ版として無料で公開。オートスケールとAPIの活用で自動化することによって、システム運用の効率化が可能になる。料金面では、送受信トラフィックが月計100GBを超えると有料だった大容量のネットワーク転送料を無料にするとともに、月額4725円からの低価格メニューを用意した。

NECビッグローブ
http://business.biglobe.ne.jp/

BIGLOBEクラウドホスティング
http://business.biglobe.ne.jp/hosting/cloud/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]