博報堂、ソーシャルメディア対応のCRMサービス「カンバセーション・ループ」開始

米国のCRMサービス大手と共同開発、一般的な顧客情報に発言情報を加えてDB作成
よろしければこちらもご覧ください

博報堂は、ソーシャルメディアに対応したCRM(顧客関係管理)サービス「カンバセーション・ループ」を米国のCRMサービス大手、ダイレクト・パートナーズと開発し、8月に提供を始める、と7月29日発表した。性別、年齢、商品購買履歴など一般的な顧客情報に、企業サイトやソーシャルメディアでの顧客の発言情報を加え、詳細で実効性のある顧客データベース(DB)を作成する。

企業は顧客データベースを利用し、ソーシャルメディアで発言が引用される機会が多い顧客に、商品のクチコミ情報の拡大を狙った試供品提供や、顧客の発言に合わせたダイレクトメールや電子メールの送付が可能になる。さらに、商品に好意を持つソーシャルメディア上の見込み顧客に割引情報を送ることなどによって新規顧客を開拓することもできる。

博報堂
http://www.hakuhodo.co.jp/

カンバセーション・ループ
http://www.directpartners.com/TheConversationLoop/

ダイレクト・パートナーズ(英語)
http://www.directpartners.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]