カゴヤ・ジャパン、レンタルサーバー「KAGOYA Internet Routing」で「Active!mail」提供

ブラウザ環境でメールが送受信できるトランスウエアのWebメール製品が標準オプションに

データセンター事業のカゴヤ・ジャパンは、メールソリューションのトランスウエアと提携し、カゴヤ・ジャパンのレンタルサーバーブランド「KAGOYA Internet Routing」の標準オプションとしてWebメールサービス「Active!mail」を5月12日に提供開始する、と5月9日発表した。Active!mailはブラウザ環境でメールの送受信ができるトランスウエアのWebメール製品。

Active!mailは、受信フォルダの追加作成やフォルダの階層化、自動振り分け機能を備え、添付ファイルや送信先の追加がドラッグ&ドロップで可能。また、クライアント型メールシステムと同等の操作性を持ち、携帯電話やスマートフォンにも対応するなどの特徴がある。既存のアカウントについては無料で提供、新規アカウントを契約する場合は50アカウントまで無料、それ以後は50アカウントごとに420円で提供する。

カゴヤ・ジャパン
http://www.kagoya.jp/

トランスウエア
http://www.transware.co.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]