ゴメス・コンサル、「自治体災害情報サイトパフォーマンス調査」で災害情報1位は横浜市

12の自治体公式サイトで表示速度がもっとも速かったのは千葉市
よろしければこちらもご覧ください

Webサイト評価・構築サービスのゴメス・コンサルティングは、第1回「自治体災害情報サイトパフォーマンス調査」を実施、結果を4月21日発表した。災害情報サイトで表示速度1位は横浜市「横浜市の危機管理」の0.257秒だった。公式サイトで表示速度がもっとも速かったのは千葉市の0.281秒だった。調査はサイトパフォーマンス測定ツールを用いて4月2~8日に、関東の7都県と5政令指定都市の公式サイトと災害情報サイトのトップページについて表示速度、稼働率、転送量、要素数を測定した。

災害情報サイトの表示速度2位は茨城県「防災・危機管理ポータルサイト」の0.467秒、3位は千葉県「防災ポータルサイト」の0.649秒だった。公式サイトの表示速度2位は茨城県の0.737秒、3位は埼玉県の0.753秒だった。表示速度が災害情報サイト9サイト中8位の栃木県「防災情報」の場合、対象ページに含まれる要素数は16個と1位の横浜市「横浜市の危機管理」の12個と大差ないが、速度は2.066秒と8倍近くの差が生じており、Webページの構成以外にパフォーマンス改善の余地があるといえる。また、さいたま市「さいたま市危機管理防災気象情報」と栃木県公式サイトはどちらも特定のCSSとJavaScriptが速度低下の原因となっており、表示速度が10秒を超えた。

ゴメス・コンサルティング
http://www.gomez.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス