ウェブ関連11社、自治体サイトの標準化を目指す「OpenUMプロジェクト」結成

行政サービス情報が容易に検索・活用できる仕組みを利用者視点で開発
よろしければこちらもご覧ください

ウェブ関連ビジネスを展開する11社は、市区町村など自治体サイトで行政サービスのメニュー情報が容易に検索・活用できるようにするため、標準化、オープン化を目指すプロジェクト「OpenUMプロジェクト」を1月14日立ち上げた、と1月31日発表した。行政制度に関する情報構造の設計と、XML化要件設計を中心に活動する。

行政サービスを分かりやすく提供することを目的に、公的機関のウェブサイト評価関連事業を手掛ける任意団体のアスコエが開発した標準メニュー体系「ユニバーサルメニュー(UM)」を情報構造設計の基本コンセプトに利用。自治体サイトに適用させて使い勝手を重視したサービスを実現させる。XML化要件設計では、UMで設計した情報構造をサイト制作会社や自治体のサイト担当者が効率的に実装できるテンプレートを開発する。

3月までに基本設計方針と詳細仕様の確認を行ない、4月以降に普及に向けた本格的取り組みを検討していく。事務局は、アスコエが務める。参加11社は次の通り。アイ・エム・ジェイ▽アークウェブ▽アスコエ▽ウェブ・ワークス▽オプト▽トランスコスモス▽ネットイヤーグループ▽フラッツ▽ミツエーリンクス▽メンバーズ▽ロフトワーク

アスコエ
http://www.asukoe.org/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]