日本情報化農業研究所、オープンソースCMS「SOY CMS2」ベータ版を一般向けにダウンロード開始

60以上の新機能を搭載、正式版は近日公開予定
よろしければこちらもご覧ください

ソフト開発の日本情報化農業研究所は、同社が開発チーム主体のオープンソースCMS「SOY CMS2」ベータ版(SOY CMS2 beta)を公開、一般利用者向けにダウンロードで提供開始した、と11月4日に発表した。SOY CMS2 betaはバージョン1に60以上の新機能を搭載。Webアプリケーションフレームワークも進化させた。

新機能の搭載で、大規模なコンテンツマネジメントに対応。小規模から大規模サイトまで構築できるような設計を実現した。ユーザーインターフェイスを一新したほか、サイトマッププレビューやカスタムURL設定やテンプレートを管理する新ディレクトリ機能、複数ページ作成機能などを実装した。また、テンプレートエンジンも一新、Web制作者がHTMLやXMLなどプレゼンテーション層とシステムのロジック層をコントロールできるサイト制作環境の構築が可能になった。ほかにワークフロー機能の強化、新しいWYSIWYGエディタも開発し、サイトを表示したままテンプレート編集やコンテンツ制作ができるパブリッシングツールが搭載された。

SOY CMS2 betaを経て、記事のインポート、エクスポート機能やMySQLに対応した正式版を近日中に公開予定。

日本情報化農業研究所
http://www.n-i-agroinformatics.com/

SOY CMS2公式サイト
http://www.soycms.net/soycms2/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]