ブライトコーブ、動画配信プラットフォームの最新版「Brightcove 5」提供開始

YouTubeとの同期、iOS端末への配信最適化、解析機能強化などを図っている
よろしければこちらもご覧ください

ブライトコーブは、同社が提供する動画配信プラットフォームの最新版「Brightcove 5」を11月2日に提供開始した。Brightcoveのユーザーは無料でアップグレードし、同日から利用できる。

Brightcoveは、クラウドベースの動画配信プラットフォーム。最新のBrightcove 5では、YouTubeとの同期、Apple HTTPストリーミング対応のほか、解析機能の強化などを図っている。マルチビットレートによる高解像度ライブ配信などにも対応した。

YouTubeとの同期対応によって、Brightcoveにアップロードした動画コンテンツや付属するメタデータをYouTube上に自動でアップロードできるようになった。Brightcove上での更新と自動的に同期するため、ファイル削除など動画の管理を1カ所で行える。また、Apple HTTPストリーミングに対応し、Apple iOS端末であるiPadやiPhoneへマルチビットレートで動画を配信できる。iPhoneで撮影した動画をアップロードするためのアプリケーションも用意する。

解析機能では新たに12種類のレポートを追加。FlashおよびHTML5の視聴解析、総視聴持続時間、OS/ブラウザ/ランタイムの詳細、国/県/市町村レベルの地域別レポート、検索語ランキングなど、動画への投資効果を高めるためのレポートを強化している。

Brightcove
http://www.brightcove.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]