行動ターゲティング技術の米AudienceScience、日本事務所を開設し本格展開

アジア初の事務所を日本に設立、日本での事業展開を強化する
よろしければこちらもご覧ください

行動ターゲティング広告のプラットフォーム技術を提供する米AudienceScienceは8月24日、アジア初となる事務所を東京渋谷に開設し、日本での事業を本格展開することを発表した。

AudienceScienceは、Webサイト上のユーザー行動情報に基づき、ユーザーの趣味・嗜好に沿った情報・広告を表示させるターゲティング手法を提供する、米国ニューヨークに本社をおく企業。2003年以来、「American Airlines」「Financial Times」「Gannett」「New York Times Digital」「Nikkei.com」「SKECHERS」「Wall Street Journal Digital」など、5万件を越えるキャンペーンを実施している。

AudienceScienceでは、Webサイト上のユーザー行動データ(オーディエンスデータ)へのアクセスを可能にするゲートウェイとして、「The Audience Gateway」を提供。世界中の3億8,600万人分、2,000億のデータへのアクセスを可能にし、マーケティングキャンペーンを効果的に成功に導くという。

AudienceScience
http://www.audiencescience.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]