「MakeShop」がソーシャルメディアと連動した「ソーシャル型共同購入機能」を8月18日に提供開始

商品ページごとにソーシャルメディアへの投稿ボタンも設置
よろしければこちらもご覧ください

EC関連事業のGMOメイクショップは、同社のネットショップ構築サービス「MakeShop」で、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアと連動した共同購入型ソーシャルコマースサービス「ソーシャル型共同購入機能」を、8月18日に提供開始する、と7月30日に発表した。共同購入型ソーシャルコマースサービスの提供は、ネットショップ構築ASP業界では初という。

ソーシャル型共同購入機能では、制限時間内に購入申込者が募集人数に達したら割引クーポンを適用して通常よりも安い価格で販売する。ショップの商品ページごとに共同購入者の募集や商品に関する情報を、TwitterやFacebook上へ投稿できる機能が付く。サイト訪問者は、TwitterやFacebookのアカウントを持っていれば、商品情報にコメントを付けて各ソーシャルメディアへ簡単に投稿できる。残り時間や残り在庫数はカウントダウン式で表示可能。利用には、「MakeShop」のビジネスショッププランかプレミアムショッププランの契約が必要。契約者は無料で利用できる。

GMOメイクショップ
http://www.makeshop.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス