日本ベリサイン、SaaS型Webアプリケーション・ファイアウォール「Scutum」を提供開始

セキュアスカイ・テクノロジーと代理店契約を締結して販売
よろしければこちらもご覧ください

情報セキュリティの日本ベリサインは、Webアプリケーションセキュリティのセキュアスカイ・テクノロジー(SST)と代理店契約を締結、SaaS型Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)サービス「Scutum(スキュータム)」の提供を開始した、と6月30日に発表した。WAFはOSI参照モデルのアプリケーション層に特化したファイアウォールで、SQLインジェクションなどアプリケーションの脆弱性を狙った不正な攻撃に有効とされる。一般的にはハードやソフト型が主流だが、Scutumはそれよりも低コストで導入できるSaaS型。SSTがWebサイト上で決済・個人情報入力する企業に販売してきたScutumを、日本ベリサインでは同社の取り扱うSSL証明書や企業証明書と共にワンストップで提供する。

日本ベリサイン
https://www.verisign.co.jp

セキュアスカイ・テクノロジー
http://www.securesky-tech.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]