GMOメイクショップ、ネットショップ構築「MakeShop」で「複数店舗会員連携機能」提供

MakeShop利用店舗の購入者情報を連携、シングルサインオンが可能に

EC関連事業のGMOメイクショップは、同社のネットショップ構築サービス「MakeShop」で、複数のMakeShop利用店舗の購入者の会員情報やポイント情報を連携させたり、シングルサインオンを可能にする「複数店舗会員連携機能」の提供を6月10日始めた、と同日発表した。複数の店舗ごとに持っている会員・ポイント情報を一括管理でき、会員向けのメールマガジンの一斉配信も可能。顧客は、ショップ別にログインする必要がなくなり、ポイントの共通利用によってモール感覚で買い物できるようになる。

独自のオンラインショップを複数運営する商店街、フランチャイズ、チェーンなどが対象。複数店舗会員連携機能は、MakeShopのプレミアムショッププラン(初期費用1万500円、月額1万500円)で利用でき、料金は30万円。今後は、複数店舗会員連携機能を拡張し、ショッピングポータルを制作できるショッピングモール構築パッケージの提供も予定している。

GMOメイクショップ
http://www.makeshop.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]