ソニー、インターネット活用したデジタルサイネージサービス「ASP Pro」「ASP Entry」提供へ

ディスプレイコントローラーとディスプレイだけでコンテンツ配信を実現
よろしければこちらもご覧ください

ソニーは、インターネットを使って1万台のディスプレイにコンテンツ配信が可能なサービスプラットフォーム「BEADS(ビーズ)」を活用したデジタルサイネージのASPサービス「ASP Pro」と「ASP Entry」を2月15日提供開始する、と1月21日発表した。サーバーへの投資が不要で、低コストで迅速にデジタルサイネージが導入でき、ディスプレイコントローラーとディスプレイを用意することで、コンテンツ配信を実現する。

ASP Proは、コンテンツ入稿管理やコンテンツ配信管理を行うアプリケーションを使う広告事業者向け。それぞれの立場の複数ユーザーが離れた場所で業務を分担して同時に作業可能。ASP Entryは流通、飲食、文教、金融など企業の販促や情報発信用で、コンテンツ作成アプリケーション「コンテンツクリエイター for BEADS」を利用。用途や業種に応じてテンプレートに静止画像やテキストを配置してコンテンツ作成できる。10台のディスプレイコントローラー導入時の1台あたりのアプリケーションを含むサーバー利用料はASP Proが月額1万2600円、ASP Entryは同7560円。

ソニー
http://www.sony.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストラ
関連語 の「JPRS」を参照 ドメイン名の登録受け付けや支払いの業務を担当 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]