日本広報学会が公開シンポ「クロスメディア時代の広報を考える」を10月27日に開催

広報活動のあり方を基調講演とパネルディスカッションで検討
よろしければこちらもご覧ください

広報活動の研究を行う日本広報学会(会長、清水正孝・東京電力社長)は、会員以外も参加可能な公開シンポジウム「クロスメディア時代の広報を考える」を10月27日に東京都千代田区で開催する。マスメディアにインターネットや携帯電話などを加えたクロスメディアが一般化することで、広報戦略にも変化が求められると考え、クロスメディア時代の広報活動のあり方を基調講演とパネルディスカッションで検討する。公開シンポジウムは毎年開催し12回目。参加費5000円(会員は3000円)、サイトから申し込む。概要は次の通り。

日時:10月27日(火)午後1時半~同5時
場所:学士会館本館3階 320号室(東京都千代田区神田錦町3-28)
内容:基調講演「時代とメディアの立ち位置」、パネル・ディスカッション「クロスメディア戦略の可能性と課題」
詳細・申し込みサイト:
http://jsccs.jp/info/news.html

日本広報学会
http://jsccs.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

GTA
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス