ハイパーボックスが専用サーバーサービスのラインアップを一新

CPU別・用途別に2シリーズ・5種類を用意、段階的な保守契約やアフターサービスも

ホスティングサービスのハイパーボックスは、同社の専用サーバー「blue Box」のサービスをリニューアルし、サーバーラインアップを一新するとともに、段階的な保守契約やアフターサービスを可能にして9月7日提供開始した、と同日発表した。10月31日までに申し込むと、初期費用を無料にする。ラインアップはCPU別・用途別に2シリーズ・5種類を用意し、Dual-Core以上・RAID1以上、メモリ2GB以上を標準にスペックアップを実施。オプションによるメモリ追加やHDD容量追加、RAID構成変更にも対応した。初期費用5万2500円、月額費用2万1000円から。

ハイパーボックス
http://www.hyperbox.co.jp/

ホスティングサービス
http://www.domain-keeper.net/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]