「群衆の叡智サミット2009」5月26日開催。業界のスペシャリストが徹底討論

2009年の第3回サミットのテーマは群集。実例やアプローチ、専門的研究、経営などあらゆる視点から切り込む
よろしければこちらもご覧ください

オープンな技術標準によるビジネス支援サービスを展開するテックスタイルは、群衆の叡智の活用に関する現状と事例を紹介し、その将来の可能性を探る公開討論会「群衆の叡智サミット2009」(Wisdom of Crowds Summit 2009)を5月24日に開催する。

2007年11月に第1回をスタートし、今年で3回目となる群衆の叡智サミット。今回のフォーカステーマは「群衆」。労働者として、顧客として、消費者として、インターネットユーザーとして、社会の主体者としてあらゆる形をとる「群衆」では、どのような変化が起きているのか。そして、この時代に「群衆の叡智」を活かすにはどのような視点があるのかを探る。

群衆の叡智サミット2009では、このテーマの新しい論客をパネリストに迎え、「群衆」にまつわる最近の実例やアプローチを、専門的な研究、仕組みの実装、マーケティング、経営などあらゆる視点から切り込む。パネリストの活発な討論によって、新しい気づきを共有する。

特徴的なパネリスト/コメンテイター

  • 佐々木俊尚氏(ITジャーナリスト)
  • 高須賀 宣氏(LUNARR Inc)
  • 鷲田 祐一氏(博報堂)
  • 眞木 正喜氏(日立システムアンドサービス)
  • 戸上 浩昭氏(iUG / intra BLOG/SNS Users Group)
  • 徳力 基彦氏(アジャイルメディア・ネットワーク)
  • 三浦 広志氏(Open Street Mapプロジェクト)
  • 福岡 秀幸氏(EGMフォーラム)
    他、20名以上のパネリストが参加予定。

公開討論会「群衆の叡智サミット2009」

  • 日時:2009年5月26日 13:00~16:30(12時受付開始)
  • 会場:時事通信ホール アクセス
    東京都中央区銀座5-15-8
  • 主催:株式会社テックスタイル
  • 参加費:事前申込5,000円(税込)、当日参加7,000円(税込)※当日参加は当日の空席がある場合
  • 定員:150名(先着順に受付、定員になり次第締め切り)
  • 詳細・事前登録フォーム:http://techstyle.jp/wocs/2009/

プログラム

  • 12:00 受付開始・開場
  • 13:00 オープニング
  • 13:05 セッション1
    「群衆」における情報の流れの変化
    ―供給過多時代における情報、利用技術にまつわる変化
  • 14:50 セッション2
    「群衆」による変革のポテンシャル
    ―新しい価値の発見と創出の実際と将来の可能性
  • 16:30 終了予定
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]