シンクウェアが消費者の本音を抽出・分析するブログ反響リサーチサービスを販売開始

国内主要17ブログサイトから調査キーワードに関する文章を抽出・分析、15万円から

モバイル事業育成のシンクウェアは、ブログ反響リサーチサービス「インサイトブログリサーチ」の販売を開始した、と4月27日に発表した。販売価格は、クチコミリストのサマリー50件までの基本パッケージで15万円(税別)から。インサイトブログリサーチは、企業が商品・ブランドマーケティングを多面的に実施するレポーティングサービス。国内主要17ブログサイトのCGMソースから独自技術でクローニングとテキストマイニングを行って消費者や生活者の本音などが現れている文章を抽出、性別やポジネガなどの分析をする。

アフィリエイト目的のブログやロボット生成ブログなどは排除した上で、調査キーワードに対する評価をリストアップ。アナリストが品質をチェックしてコメントを記載したレポートにまとめて納品する。クチコミリスト件数追加、カラム追加、キーワード同士の関係をマッピングする「KeyGraph」などのオプションもある。納品は無料の予備調査を経ての発注から7営業日以内。

シンクウェア
http://thinkware.jp/

インサイトブログリサーチ
http://insite.thinkware.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]