クラスキャットがユーザー数別対応の迷惑メール対策アプライアンスを提供開始

総務省のガイドラインに準拠、導入・運用しやすいソリューションで販売
よろしければこちらもご覧ください

Linux ソリューションの企画・開発・販売のクラスキャットは、総務省のガイドラインに準拠した「中堅企業向け迷惑メール対策アプライアンス」と「ISP向け迷惑メール対策アプライアンス」を3月9日に提供開始した、と同日発表した。両アプライアンスサービスはスパム、迷惑メール対策のセンドメールが提供開始したソリューションをクラスキャットが導入、運用しやすいアプライアンスサーバーとして提供する。

迷惑メール対策アプライアンスシリーズの中堅企業向け迷惑メール対策アプライアンスは専任のIT管理者不在の企業でも導入、運用が行えるよう、クラスキャット製のインターネットサーバ管理ツールとセンドメール製迷惑メール対策ソフトを搭載。250ユーザー、500ユーザー、1000ユーザー対応モデルの3種類を用意。添付書類のパスワード付きZIPファイルにも対応した。ISP向け迷惑メール対策アプライアンスは1万以上のユーザー規模に対応。中小企業向けの機能に加えて、ユーザーごとのメールポリシーが設定可能。ポートブロックやDoS攻撃などを防ぐゲートウェイで制御する機能を搭載するという。

ハードウェアプラットフォームは、IBM System xとBladeCenterを選択可能。販売は日本IBMのビジネスパートナー経由で実施する。

クラスキャット
http://www.classcat.com/

センドメール
http://www.sendmail.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]