AMNがユーザーの投稿内容をリアルタイムで広告に反映させるソーシャルバナー広告サービス

アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は10月9日、博報堂DYメディアパートナーズと共同で、ユーザーのエントリーがバナー広告に表示される“ソーシャルバナー広告”を企画し、配信を開始した。

“ソーシャルバナー広告”とは、広告主のキャンペーンサイト等で提供しているユーザー参加型企画と連動し、バナー広告上に表示するテキスト・画像等のコンテンツに、ユーザーの投稿内容をリアルタイムで反映させるバナー広告。海外では“Interactive Rant Banner」、“Content Driven Ad”、“Participatory Ad”などと呼ばれ、一般の人々によって作成されたさまざまなコンテンツ(UGC)を活用した新しい広告手法として注目されている。

今回のソーシャルバナー広告は、大塚製薬の“オロナミンC キモチスイッチ”キャンペーンサイト上で展開されている「キモチスイッチタギング」の企画として試験的に提供。「キモチスイッチタギング」とは、職場や学校で気分が乗らないときや元気を出したいときなどの“キモチスイッチしたいとき”にユーザーが投稿するもので、訪問者がそれらを投票ボタンで評価したり、ランキングや新着コメントとしてキャンペーンサイトに表示される仕組みだ。

今回配信されるバナー広告は、広告を配信する時点での上位ランキングをバナーの表示内容に反映させるもの。“キモチスイッチしたいとき”の内容がバナーが表示されるタイミングで変化していく。表示の都度、表示内容が変化していくことから、ユーザーはバナー広告自体をコンテンツとし楽しめ、インプレッション効果を高めることが可能になる。

「キモチスイッチタギング」キャンペーン
http://www.kimochi-switch.net/tag/
アジャイルメディア・ネットワーク
http://agilemedia.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]