4分の3の企業が半数以上の社員が社内SNSに登録‐Beat Communicationが社内SNSの実態調査

よろしければこちらもご覧ください

Beat Communicationは10月9日、社内SNS利用の実態を調査する「社内SNSアンケート」の結果を公表した。

同調査は、同社の製品を導入して社内SNSを運営している企業を対象に、2007年8月27~9月20日にかけて実施。45%が同社製品を導入した期間を「1年以上」と回答した。

また、社内での使用人数について、もっとも多かったのが「500人以上」で全体の65%以上を占めた。さらに、全社員に占める登録ユーザの割合について「50%以上」の回答が4分の3を超える結果となった。

平均的なユーザのアクセス頻度について、35%を超える企業が「ほぼ毎日アクセスしている」と回答。またすべての回答において少なくとも一週間に一回程度はアクセスしてることがわかった。

導入後の効果では、90%前後の企業が「知識や情報の共有に役立った」、「社内のコミュニケーションが活性化した」と回答。また、「風通しが良くなった」という回答が約70%以上、情報の地域間格差がなくなったという回答は約40%以上、「SOX法対策になったとの回答は30%以上、「業務の効率化が進んだ」「時間が短縮されることになった」「人間関係の再構築に役立った」との回答はそれぞれ10%以上に及んだ。

社内SNSへの登録方式について、56%が「招待制」を採用していると回答。さらに、強制登録を採用している企業は25%を下回った。

Beat Communication
http://www.beat.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]