mediba、GPSを活用したスポット誘導型広告「ナビゲーションアド」の販売を開始

よろしければこちらもご覧ください

medibaは10月9日、KDDIとナビタイムジャパンが協業で提供している「EZナビウォーク」、「EZ助手席ナビ」、およびナビタイムジャパンが提供する「NAVITIME」(iモード版、Yahoo!ケータイ版、ウィルコム版、PC版)において、GPSを活用したスポット誘導型広告「ナビゲーションアド」の販売を開始した。

「ナビゲーションアド」は、店舗など実際のスポット情報とルート情報を情報料無料で案内するサービスで、GPSを活用したスポット誘導型広告がベースとなる。通常のインターネット広告とは異なり、企業サイトへの誘導ではなく、目的地まで直接誘導するのが特徴。ユーザーに対しては、携帯電話によりきめ細やかな情報を提供し、広告主に対しては、ユーザーに直接情報を提供できる効果的なスポット(店舗など)誘導メディアとして、企業の販促活動の強化や認知度向上を図ることが可能だ。

同サービスの販売は、medibaが販売代理店として、「EZナビウォーク」、「EZ助手席ナビ」、「NAVITIME」の3サービス内において、各画面へ複合的に広告配信を行う。

NAVITIME
http://www.navitime.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]