携帯電話向けコンテンツ管理システム「Mobile Director」に「広告管理モジュール」が追加

[AD]

シンクウェアは10月3日、同社が提供する携帯電話向けコンテンツ管理システム「Mobile Director」の新規モジュールとして「広告管理モジュール」の提供を開始した。

「Mobile Director」は、携帯コンテンツ作成やコンテンツ管理・アクセス管理機能が標準搭載されたモバイルコンテンツ管理システム。オプション機能として、公式サイトや広告サイトなどに必要な各種コンテンツ配信機能、会員管理機能に加え、CRM機能も利用できる。

今回、追加された「広告管理モジュール」は、広告枠の設定、広告作成機能、クライアント登録機能、代理店登録機能、広告集計機能、広告ローテーション機能を標準で搭載。広告用URLの発行、単価設定、マージン設定、キャリアの選択、配信状況の選択、配信期間の設定、表示設定可能になる。

価格は、基本機能(サーバホスティングを含む)の初期導入費用100万円から、保守費用が15万円から。

Mobile Director
http://mobiledirector.jp/
シンクウェア
http://thinkware.jp/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]