さくらインターネット、「専用サーバ」「専用サーバPlatform」のサーバーレンタルプランを改定

よろしければこちらもご覧ください

さくらインターネットは6月19日、「専用サーバ」、および「専用サーバ Platform」のサーバレンタルプランの改定を、2007年6月28日に実施すると発表した。

「専用サーバ」は、専用のサーバーを1台占有してレンタルで利用できるサービス。サーバリソースのすべての管理者権限をユーザーに提供するため、共用レンタルサーバーでは行えない、自由なサーバ運営が可能になる。

「専用サーバ Platform」は、サーバー1台を占有して利用できる「専用サーバ」の手軽さはそのままに、最大20台までのサーバーネットワーク機器を利用可能な、拡張性の高い専用サーバ系サービス。すべての機器をレンタルで提供し、データセンターに入局する必要がないため、日本全国どこからでも102Gbpsの大容量・高速バックボーンが利用できる。

今回の改定により、アドバンスドプランのサーバーラインアップに「IBM x3250 Xeon DualCore」および「QuadCore」モデルを導入。また、同プラン「NEC Express5800 i110Ra-1h」モデルのCPU、メモリー、ハードディスクのスペックが強化される。アドバンスドプランでは、サーバーのメモリー増設が512MB単位から、1GB単位へと変更される。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]