トラフィックゲート、費用対効果の実成果を算出する検索連動型広告サービスを開始

よろしければこちらもご覧ください

トラフィックゲートは5月15日、費用対効果を徹底追及した検索連動型広告サービス「TG-Listing」を開始した。

「TG-Listing」は、既存の検索連動型広告では難しいとされてきた実成果の算出を可能にする。これまでの検索連動型広告サービスでは、商品/サービス購入や会員獲得といったアクション終了後のキャンセル等も成果として計上されるが、同サービスでは、キャンセル等により成果に結びつかなかったデータを差し引いて実成果を算出、広告の費用対効果測定を行う。

また、世界中のメディア代理店、SEMサービス提供企業で幅広く導入されている検索連動型広告最適化ツール「BidBuddy」を標準搭載。主要検索連動型広告媒体の広告管理を行い、自動的にキーワードの入札金額を最適化し、CPA(Cost Per Acquisition)を最適化する。

TG-Listing
http://listing.trafficgate.net/
トラフィックゲート
http://www.trafficgate.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]