「Salesforce」への情報入力がWebメールからドラッグ&ドロップで可能に

セールスフォース・ドットコムとフィードパスは4月19日、両社のSaaS(サース:Software as a Service)型プラットフォームのシステム連携(マッシュアップ)サービス「feedpath Zebra for AppExchange」を発表した。

「feedpath Zebra for AppExchange」は、従来手作業で実施していたオンデマンドCRM「Salesforce」への諸入力作業(顧客情報登録、スケジュール登録、メール内容管理など)を、フィードパスが提供するセキュアな次世代型Webメールサービス「feedpath Zebra」からドラッグ&ドロップで完結できるサービス。また、この連携により、「feedpath Zebra」のマッシュアップ・インターフェイス「Zimlet(ジムレット)」を介し、「Salesforce」へのシングルサインオンが可能になる。

feedpath Zebra
http://zebra.feedpath.co.jp/
フィードパス
http://www.feedpath.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]