リクルートがユーザー発信型コンテンツを利用した日常メディア&マーケティングの新会社

よろしければこちらもご覧ください

リクルートは4月2日、ブログ等のUGC(ユーザー発信型コンテンツ)を利用した日常メディア&マーケティングの開発、推進を目的に、「株式会社ブログウォッチャー」を設立した。

新会社は、ネット上に存在するユーザーが発信するコンテンツを、東京工業大学の奥村学研究室のテキストマイニング技術とリクルートの編集ノウハウを用いてユーザーの声で作られた雑誌感覚のサイトを提供。資本金  は5000万円で、株主構成はリクルートが99%、奥村学氏が1%を所有する。

情報誌から店舗型の相談カウンターまで、さまざまな形でB2C情報サービスを展開してきたリクルートは、ブログ等のUGCに対するカスタマーニーズの急増と広告主のUGCに対する関心の高まりを受け、新会社の設立に至った。

リクルート
http://www.recruit.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]