リクルートがユーザー発信型コンテンツを利用した日常メディア&マーケティングの新会社

リクルートは4月2日、ブログ等のUGC(ユーザー発信型コンテンツ)を利用した日常メディア&マーケティングの開発、推進を目的に、「株式会社ブログウォッチャー」を設立した。

新会社は、ネット上に存在するユーザーが発信するコンテンツを、東京工業大学の奥村学研究室のテキストマイニング技術とリクルートの編集ノウハウを用いてユーザーの声で作られた雑誌感覚のサイトを提供。資本金  は5000万円で、株主構成はリクルートが99%、奥村学氏が1%を所有する。

情報誌から店舗型の相談カウンターまで、さまざまな形でB2C情報サービスを展開してきたリクルートは、ブログ等のUGCに対するカスタマーニーズの急増と広告主のUGCに対する関心の高まりを受け、新会社の設立に至った。

リクルート
http://www.recruit.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]