ファーストサーバが「ベリサイン EV デジタル証明書の取得代行サービス」の提供を開始

レンタルサーバー事業を展開するファーストサーバは、日本ベリサインが発行する新しいデジタル証明書「EV デジタル証明書」の取得代行サービスを2007年4月16日に開始する。

「EV (Extended Validation) デジタル証明書」は、2005年にマイクロソフトやベリサイン等により結成された「CA/ブラウザフォーラム」によって策定された、世界統一の認証ガイドラインに基いて発行される証明書。

その認証プロセスには、ドメイン名所有権の確認、申請責任者の権限の認証、企業実在性の検証、さらに過去のフィッシングサイト事例との比較や申請者のブラックリスト掲載有無等が含まれる。

また、「EV デジタル証明書」を取得しているWebサイトは「Internet Explorer 7.0」で表示すると、アドレスバーが緑色に表示され、サイト閲覧者は一目でWebサイトの信頼性を確認できる。

同社では、この「ベリサイン EV デジタル証明書」の取得手続からサーバーへのインストール作業までを代行する。

提供価格は、年間20万1600円。

ファーストサーバ
http://www.fsv.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]