大手ポータルサイト3社、共同でインターネット広告の視認効果に関する基準値を作成

よろしければこちらもご覧ください

インターネットの利用状況を調査するビデオリサーチインタラクティブ(VRI)と、NTTレゾナント、マイクロソフト、ヤフーは3月15日、インターネット広告の視認効果に関する基準値の作成を共同で行うことを発表した。

この共同調査では、VRIの監修のもと、goo、MSN、Yahoo! JAPANに掲載される広告を対象として、共通の方法で年間50件程度の調査を行い、広告注目率、クリエイティブに対する評価、広告接触による認知効果などについて、基準値を作成する。作成した基準値は、広告視認による認知効果を検証するための指標としてだけでなく、インターネット広告や他の媒体も含めた複合的なメディアプラニングのための基礎データとしても広く活用していく。

従来からのクリック率やコンバージョン率などを主体とする効果指標に加え、他のマスメディアでも一定の効果が認められているような、広告の視認による認知効果を検証するためのわかりやすい基準作りを実現する。

調査設計はVRIが行い、3月中旬より調査を開始し、調査結果は2007年度内での発表を目指すという。

ビデオリサーチインタラクティブ
http://www.videoi.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]