京セラコミュニケーションシステム、Web脆弱性診断サービス「Web2.0対応プラン」を開始

京セラコミュニケーションシステムは2月22日、これまでのWeb脆弱性診断サービスに、新たに「Web2.0対応プラン」サービスを追加、提供と発表した。

同サービスは、ブログ、SNSなどのWeb2.0系サイトの脆弱性を診断。検出困難な脆弱性を検出することで、サイト全体としてのセキュリティーレベルを網羅的に把握。診断結果を対策に反映させることで、Webサイトのセキュリティーレベルを向上させることが可能になる。
提供価格は、1サイト189万円から。

京セラコミュニケーションシステム
http://www.kccs.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]