アカマイとネットマークス、沖縄データセンターなどを活用した危機管理ソリューション開始

よろしければこちらもご覧ください

アカマイとネットマークスは、企業のウェブシステムが大地震などの災害やシステム障害により停止した場合、迅速に代替システムに切り替えることで、ウェブサイトがダウンしている時間を最小限にとどめるディザスタリカバリ・インテグレーションサービスの提供を7月10日から開始した。

両社が提供を開始するサービスは、ユーザー企業のウェブサイトのバックアップをアカマイのNetStrageや沖縄バックアップ・データセンターに保存し、常に最新の情報に保つことにより、本システムが停止した際には、迅速に自動的に切り替えが可能となる。また、ネットワーク関連の保守運用サービスを手がけるネットマークスの連結対象子会社、ネットマークスサポートアンドサービスの運用監視センターより、データセンターの遠隔監視を実施し、24時間365日体制での運用・監視を行う。

従来、メインのシステムに加えてバックアップシステムの構築と管理、障害時の切り替え対応など、システム構築や維持管理にには多大な負荷がかかっていたが、本サービスの提供により、利用企業は特別なシステムなどを構築することなく、信頼性の高いディザスタリカバリ・サービスを利用できるようになる。

アカマイ
http://www.akamai.co.jp

ネットマークス
http://www.netmarks.co.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]