レンタルサーバー導入&活用事例

すばやい対応でサーバーの負荷問題を解決。優れたサポートにも満足/ゴーゴーラボ+クララオンライン

レンタルサーバー導入&活用事例

株式会社ゴーゴーラボ/クララオンライン

野本 幹彦(フリーライター)

即日開通でアクセス急増サイトを迅速に収容し
的確な提案で急成長サイトの安定稼動を支援

ウェブサイトの基本的な情報や利用サービスに関する情報は記事の末尾を参照。

マスコミからも高い注目を集めたガソリン価格比較サイトgogo.gs

画像:小川智史氏
株式会社ゴーゴーラボ
代表取締役
小川智史氏

株式会社ゴーゴーラボはガソリン価格比較サイト「gogo.gs(ゴーゴージーエス)」を運営するベンチャーだ。ガソリンの暫定税率が期限切れとなった2008年4月1日前後に、テレビやラジオ、新聞などのマスコミに紹介されて話題を集めたので、記憶に新しい人も多いだろう。代表取締役の小川智史氏に同社設立の経緯とサービスについてうかがった。

「gogo.gsは、登録会員からの投稿を集約して全国のガソリン価格情報を提供しているサイトです。サービス開始は2004年11月で、当時の私はウェブサイト制作会社で社員として働きながら、個人で運営していました。当初は、休日のたびに私自身が調査に出かけてガソリンの価格を入力していたのですが、徐々にユーザーが増え続け、登録会員数が10万を突破した2007年6月に法人化しました。2008年10月現在、gogo.gsの登録会員数が27万を超え、全国のガソリン価格情報を毎日更新できています」

サイトオープンから5年。ビジネスはどのように変化してきたのだろうか。

「基本的な収益モデルが広告であることは開始当初から変わっていません。現在はガソリンの価格情報を日産のカーナビ『カーウイングス』、地図サイトの『マピオン』、ゼンリンのブログ記事情報検索『地図ログ』などの外部サービスにも提供していますし、WebAPIを無料で公開して個人のみなさまにもご利用いただだいています。また、クチコミドライブ情報を提供したり、全国のガソリンスタンドを写真付きで紹介するコミュニティ機能を追加したりしながら、積極的にユーザー間のコミュニケーションを図っている最中です。ガソリンの価格だけでなく、自動車保険の一括見積り、中古車買取一括査定、カー用品人気ランキング、gogo.gsの登録会員を対象としたモニター調査サービス、自動車の相乗り情報(ライドシェア)など、カーライフ全体のサービスを水平展開しています」

急激なアクセス増によるサーバー過負荷を
クララオンラインの迅速な対応で乗り切る

現在のgogo.gsは、クララオンラインのレンタルサーバーをインフラとして利用している。

「gogo.gsを立ち上げた当初は年間料金が数千円といった他社の共用サーバーを利用していました。2006年の夏頃にニュースサイトでgogo.gsが紹介され、アクセスが急増してサーバーダウンに見舞われました。当時からデータベースを使った動的なサイトだったので、共用サーバー全体の負荷が高まってしまい、一時的に利用を制限されました。その当時でもすでにかなりのアクセス数があったこともあり、安価な共用サーバーはそろそろ潮時と考えて乗り換えることにしました。仕事柄、レンタルサーバーに関する知識や情報があったのでいくつかピックアップし、そのなかから即日開通できるクララオンラインさんの専用サーバーをチョイスしました」

その後、サイト認知度の高まりやガソリン価格の高騰もあり、ユーザーが増えてアクセス数も順調に伸びていったが、それにともないサーバーの能力不足を感じ始めたという。何度かのスペックアップやサーバー追加などを行い、増加するアクセスに対応していった。そしてガソリンの暫定税率が期限切れとなる2008年4月1日近辺で最大のピンチを迎えることになる。

「10万前後で推移していましたが、4月1日前後は100万を超えるまでに膨れあがりました。マスコミの取材が殺到し、暫定税率関連でのメディア掲載は3月27日から4月5日までで18件にも及びます。マスコミの力は予想以上で、サーバーがあっという間にダウンしてしまいました。私1人でApacheやデータベースをチューニングして復旧を目指したものの、とても1人で対応しきれるものではありません。サーバーをスペックアップすることを決めてクララオンラインさんに連絡したところ、メモリ追加にすぐに対応してくれたり、サーバー増強をスムーズに行うためにアップグレードを先出ししてくれたりなど、臨機応変に対応してくださいました。gogo.gsは実質的に私1人ですべてを運営しているので、困った時に的確な提案をしてもらえるのは非常にありがたいですね」

gogo.gsは動的なサイトであるため、サーバー負荷が高く、急激なアクセス増には対応しにくい。つまり、サーバーの拡張性や柔軟性が重要なポイントだ。

「現在は2台の専用サーバーでサイトを運営しています。1台はウェブ用でRAID構成の『ExpressII』。もう1台はデータベース用で、冗長構成で可用性が高いハイスペックな『ProfessionalII』です。どちらも『Flexシリーズ』オプションを利用しています。今後もアクセス数が伸びるでしょうから、サーバーの能力不足やトラブルの際には別のハードウェアに移行して運用を続行するスタイルを採っていきたいと思っています。仮想化技術を応用したクララオンラインの『Flexシリーズ』なら、ファイルをコピーする感覚で、短時間のうちに丸ごと専用サーバーが移行できますので、運用面で大いに助かっています」

適切な対応や対案の提案など高いレベルで満足のいくサポート

即日開通に魅力を感じて選んだクララオンラインのサービスだが、実際に使ってみるとそのサポート力や技術力の高さに改めて驚かされたという。

「クララオンラインさんは技術的なサポート力が非常に優れていますね。たとえば『現在の環境でこの作業はできませんか?』『これはどうすれば解決できますか?』を投げかけたとします。事業者によっては『このプランではご希望の動作や作業はできません』のひと言が返ってくるだけですが、クララオンラインさんからは『現状のプランではここまでが限界です。しかしここをこうすれば解決できます』と必ず対案を出してくださいます。また私の説明不足のせいもあって『こう設定してください』と依頼した結果が違った場合でも、『すみません』と最初に謝罪したうえで『このような方法で対処します』とすぐに対応していだだけます。意思疎通の不足や勘違いに対して言い訳や隠し立てすることなく、今すぐすべきことは何かを最優先に考えていただけるので信用がおけます。これはクララオンラインの“誰が”というのではなく、すべての対応に共通しているので、技術力の高いスタッフが全社的に揃っていて、社内で情報が共有されていることの表れでしょう。私自身、gogo.gsのユーザーサポートを日々行っているのでサポートの大変さや重要さは十分に承知しているつもりです。そうしたなかで常に利用者本位で考えていただける姿勢は本当にありがたいですね」

最後に、今後のサービス展開についてうかがってみた。

「さまざまな収益化を模索中ですが、現在の収益の柱は広告なので、gogo.gsの新機能やサービスの充実を図りながら、より一層のユーザー獲得を目指します。この11月にはYahoo! JAPANと連携し、『Yahoo! JAPAN ID』だけでgogo.gsの登録会員機能が利用できるようになりました。今後はガソリン価格の比較だけでなく、カーライフや日常生活に密着したサービスに育てていきたいと思っています。生活に近いところにあればあるほど、より多くの方に利用していただけますからね」

▲ページ先頭に戻る

株式会社ゴーゴーラボ

画像:キャプチャーgogo.gs
ガソリン価格比較サイト gogo.gs
一番安いガソリンスタンドはここ!
http://gogo.gs/
  • 設立:2007年6月
  • 本社所在地:東京都品川区
  • 事業内容:インターネットサービスの企画・構築・運営・保守
  • URL:http://gogolabs.jp/
レンタルサーバー利用概要

株式会社ゴーゴーラボが選んだレンタルサーバーサービス

クララオンライン
http://www.clara.jp/

クララオンラインの「Linux専用サーバ」サービスは、自社管理のデータセンターとバックボーンをベースに、標準でRed Hat Enterprise Linuxが利用でき、ニーズにあわせて7種類のハードウェアからサーバーを選択できる。注目したいのが「Flexシリーズ」だ。サーバー仮想化ソフトである米Parallels 社のVirtuozzoを応用し、専用サーバーの課題であったスペックアップやハードウェアトラブル時の移行作業を不要とし、柔軟性や拡張性、そして運用品質も向上させている。

▲ページ先頭に戻る

※この記事は『レンタルサーバー完全ガイド Vol.15』掲載の記事です(2008年11月発売)。
社名、所属部署、利用サービス、価格など、この記事内に記載の内容は、取材当時または記事初出当時のものです。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet4はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VOC
「顧客の声(Voice of Customer)」の意味。 SNSなどのC ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]