BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『アテンション! 経営とビジネスのあたらしい視点』

ブックレビュー

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊

『アテンション! 経営とビジネスのあたらしい視点』

山川 健(ジャーナリスト)

ネット社会の情報洪水の中、重要になる「アテンション」
この視点がなければこれからのビジネスは成功しない!?

『アテンション! 経営とビジネスのあたらしい視点』
  • 『アテンション! 経営とビジネスのあたらしい視点』
  • トーマス・H・ダベンポート、ジョン・C・ベック 著
  • 梨 智弘、岡田 依里 訳
  • ISBN:4-431-71161-9
  • 定価:本体1,900円+税
  • 発行:シュプリンガー・フェアラーク東京

「われわれは皆、『アテンション・エコノミー』に生きている」「供給不足に直面しているのが人間のアテンション」世界的コンサルティング会社、米アクセンチュアのコンサルタントである筆者らがビジネスの現状をこう分析し、「アテンション」という新しい視点からビジネスのあるべき方法を解き明かした。

アテンションとは、訳者によると「人間の気づき、注目」。わかりやすくいうと、やや乱暴だが、いわゆる「つかみ」に近い。本書で筆者らは、現代のビジネスでは人目を惹くこと、興味を呼び起こすことが何にも増して重要、という考えをベースに、経営のあり方やネットビジネスなどに関して持論を展開している。

インターネットが普及した今、経営者も消費者も情報の洪水の中にいる。経営者は、数百通の受信メールのうち、アテンションを向けるべきものはどれか、瞬時に判断しなければならない。また、ネットビジネスは、数え切れないほどのサイトが存在する中でユーザーのアテンションを獲得しなければ失敗に終わる。

社内では社員の仕事に対するアテンション、対外的には顧客のアテンション、両面でアテンションを得られるかどうかが、ビジネス成功のポイントになる。

本書が米国で書かれたのは2001年頃。ネットビジネスの事例がすでに過去のことになってしまっているのは残念だが、従来なかったアテンション重視という経営手法を知るための専門書ととらえると、一読の価値はある。

※この記事は、『Web担当者 現場のノウハウ vol.1』 掲載の記事です。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]