Indeedの認定パートナー制度にて、4期連続で最高ランクの「ゴールドパートナー」に認定されました!

2021年7月15日、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、2021年下期Indeedの認定パートナー制度にて、4期連続で最高ランクの「ゴールドパートナー」に認定されました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2021年7月15日、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、2021年下期Indeedの認定パートナー制度にて、4期連続で最高ランクの「ゴールドパートナー」に認定されました。

◆本プレスリリースの詳細はこちら

https://feedmatic.net/news/indeed-gold-partner-20210719/

今後も、データフィード領域のリーディングカンパニーとして、更なるIndeedとの連携強化を進め、お客様の求人ポータルサイト、及び自社採用サイトにおける採用プロモーションを支援してまいります。

Indeed認定パートナー制度について

Indeedの認定パートナーとは、Indeedの販売代理店として公式に認定された代理店です。Indeed認定パートナーの中でも、豊富な実績に基づいた質の高いサポートを提供するパートナーは、ゴールドパートナー・シルバーパートナーとして特別認定されています。

・Indeed認定パートナー制度:https://jp.indeed.com/hire/adpartner

コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」について

「Feedmatic」は、各種アドテクノロジーサービスを開発してきた技術的な強みを活かし、デジタル広告の企画、設計、運用を行うフィードフォースの広告運用代理事業です。

EC・人材・不動産・旅行業界といった大量のデータを活用する業界を得意とし、主にダイナミック広告/データフィード広告を軸に、お客様の事業理解にもとづいた広告戦略の提案・実行・改善を行っています。

広告運用コンサルタントが、お客様のマーケティング戦略の一部を担うパートナーとして併走し、KPI達成のために最適な媒体選定、広告設計といった広告戦略の立案から、タグ・データフィードの管理、広告運用、検証、改善までトータルで対応することで、効果を最大化します。

サービスサイト:https://feedmatic.net/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

株式会社フィードフォースは、データフィード・構造化データ・ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。当社は 2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。今後も、「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース

所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F

代表者:代表取締役 塚田 耕司

事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業

Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社フィードフォース
担当:松元
E-mail:pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]