【2020年5月 最新】マイクロソフトとオープンソース(吉田行男 氏)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「【2020年5月 最新】マイクロソフトとオープンソース(吉田行男 氏)」を公開しました。

###

 今回は、米国マイクロソフト社とオープンソースについてさまざまな動きがありましたので、昨年の7月に続いてご紹介したいと思います。

目次  
1. 「GW-BASIC」をオープンソースで公開
2. マイクロソフトのオープンソースに対する姿勢の変化
3. WSL2の正式リリースを発表

「GW-BASIC」をオープンソースで公開
米国マイクロソフト社が5/21に、1983年にリリースしたBASICインタプリタ「GW-BASIC」をオープンソースとして、GitHubで公開したと発表しました。

同社は、2018年9月にもMS-DOSのバージョン1.25とバージョン2.0を公開しています。
 「GW-BASIC」は、1981年に発売された「IBM PC Model 5150」に同梱されていた「Advanced BASIC」から派生したもので、MS-DOSをオープンソース化したことで、BASICもオープンソース化して欲しいという要望に応えたそうです。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_3840

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]